卒業式の袴に似合う髪形

スポンサードリンク

卒業式に似合う袴(はかま)振袖、髪型は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



卒業式の袴・はかま・振袖・髪型posted

スポンサー広告卒業式の袴・はかま・振袖・髪型TOP↑

残った反物

天気が良かったので押入れの整理をしてみた。

着物の生地 反物でもなく裁断されたものやあまり布のようなもの。
端切れというほど小さくもない。
それが引き出しボックスと衣装ボックスに置き去りにされていたので片付けのためにとりあえず引き出しボックスのものを段ボールに入れて衣装ボックスと一緒に放置することにした。
虫食いもなくきれいだったのでつい捨てるのが惜しくなってしまったのかもしれない…

でも、防虫剤がなかったので買ってこないといけないな。
そして、もうしばらく放置して使わなかったら今度こそ捨てよう!!

数年前に反物としてそのまま残っていたもの、着物に仕立ててあるものなどミカン箱で言うなら5箱くらいインターネットで着物wの買取りのお店を見つけたので買い取ってもらった。

でも今はそのお店がない。

何か作ろうととっておいたけど残っているものの大半は男性もので地味、年配の人向けで本当地味。
あの時のはかわいい小花柄や大人な感じのする気になるものも多かったから売れたし、今となれば逆にすればよかったと後悔しているw

だから、次回には捨てよう!!
捨てるんだ!!

自分が着る着物は実家にあった着物箪笥にしまてあるけど近々その箪笥も処分すると言われたので着物の収納場所がなくなるのも悩みの種だ。




卒業式の袴・はかま・振袖・髪型posted

スポンサーサイト
着物の収納卒業式の袴・はかま・振袖・髪型TOP↑

小物のお手入れと収納

肌襦袢やすそよけなど下着類のお洗濯は早めにします。
手洗いがベストですが洗濯機を使うならきちんとネットに入れ
弱洗い(おしゃれ着洗いなどコースを確かめてください)で。
しわを伸ばすように普通に干したらこれもかるくアイロンをかけます。
きれいにしわを伸ばしてたたんだら、肌襦袢とすそよけをセットにして
しまいます。
セットにしておくと次に使うときに便利です。


足袋は手洗いで汚れがひどい場合はブラシなどでこすって落とします。
それでも落ちない場合はクリーニングなど専門店にお任せします。
そんなに汚れるようなものではないですが、突然の雨に用意がなかった時は
泥汚れがついてしまうかもしれません。
きれいに洗って洗剤をしっかりすすぎ落としたら形を整えて干します。
完全に乾く前に(半乾きの状態)アイロンでしわを伸ばしながら形を整える
用に乾かします。
そこの部分をあわせてしまいます。


紐類

伊達締め、帯揚げ、帯締め、ひも。
着物を着るのに紐類は欠かせません。
帯揚げ、帯締めはしわが気になるようならアイロンをかけてしわを取り
たたんで絡み合わないように紙や布でそれぞれをくるんでしまいます。
今は便利な収納グッズがたくさんあるので工夫してみてください。


小物もまとめ着物と同じタンスあるいは衣装ケースにしまいます。



卒業式の袴・はかま・振袖・髪型posted

着物の収納卒業式の袴・はかま・振袖・髪型TOP↑

大切な1枚

着物をしまうというのは少し面倒なものです。
着た後の着物には湿気をもっているので
風通しのよいところで干してからしまいます。
風を通すことで湿気やほこりを取り除いてからしまいます。

直射日光に当たらない風通しのよいところに
着物用ハンガーにかけて陰干し。
半日から1日そのままにしておきます。


着物をしまうときは当て布をして軽くアイロンをかけてたたみます。
やっぱり着物がシャンとしていると着たときの姿が凛と美しいものです。
しみや汚れがある場合は取り除いてからアイロンをかけてくださいね。
落ちなくなってしまいます。
スチームは使わずにドライで、温度は布地に合わせて調節してください。

軽くアイロンをかけてたたんだら、畳紙(たとうし)に包んでしまいます。
畳紙がなければ綿の布(風呂敷)でもかまいません。
呉服店やデパートで入手できると思います。
たたんだ着物がきちんと入る大きさで、表の一部が透明になっていて
中身が見えるようになっているので着るときに探さなくてもすみますし、
防虫・防湿効果のある素材ですので出来れば畳紙でしまうことをお勧めします。


畳紙に包んだら和ダンス(着物ダンス)にしまうのが理想ですが
ない場合は、浅く畳紙に包んだ着物を折らずに入る大きさの引き出し、
もしくは衣装ケースにしまいます。

桐のタンスは防虫・防湿に優れているので着物をしまうには最適ですが
衣装ケースや整理ダンスにしまう場合は防虫剤を利用します。
防虫剤は着物に直接あたらないように着物用があるのでそれを利用します。
種類の違うものを一緒に入れると溶け出したりして着物にしみがついてしまうので
気をつけてください。
(洋服でも同じですが)


きちんとしまっても年に数回衣替えの時期などに同じように陰干しをして
湿気やにおいを取ると着物の「持ち」もよくなります。
大切な1枚だからこそしまいっぱなしにしないで機会があれば身につけ
そのあとのお手入れもちゃんとしてあげてください。




卒業式の袴・はかま・振袖・髪型posted

着物の収納卒業式の袴・はかま・振袖・髪型TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。